資産運用

20代から始める配当金生活への第一歩!人生で初めて配当金をいただきました!

喜ぶ人

今回はタイトル通りで、人生で初めて配当金をいただきました。

配当金を降り注いでくれたのは「PFF」と「AT&T」。



配当金

銘柄 株枚数 金額
PFF 27 1,329円
AT&T 33 370円

合計:1,699円



これが今回得た初めての配当金です。

額だけで見るとものすごくしょぼいですね笑

それでも働かないで得られる不労所得としては最高です。

サラリーマンがあくせく働いて株主のために利益を運んでくれているんです。たったの1600円でもニヤニヤしてしまいます。

これがどんどん積み重なっていくことを考えると未来は明るいです。笑いが止まりません。

引き続き、米国株を購入し続けます。

5月は日本株の配当金も入ってくるのでそちらも楽しみです。(しっかり減配してくれちゃってますがね。日本株はうん○。)



ふと気づいた米国株の年4回の配当金のすごさ

まぁ誰でも気づいてはいるのですが、年4回配当金がある銘柄はその分、再配当の恩恵を受けることができます。

というのも、どこのサイトでも「年何%で運用すると何年後にいくらになるよね?」という表を見るのですが、実際は年1回の配当ではなく、年4回になるのですから実際はもっと細かい表になりませんか?(誤差の範囲になってくると思いますが。)


気になったので税引後4%で3ヶ月スパンの銘柄の場合、どうなるのか表にしてみました。単純に年4%であれば3ヶ月で1%増える計算です。


3ヶ月で1%ずつ増える資産の表(100万円の場合)

何ヶ月 資産
0ヶ月 1,000,000
3ヶ月 1,010,000
6ヶ月 1,020,100
9ヶ月 1,030,301
12ヶ月 1,040,604
15ヶ月 1,051,010
18ヶ月 1,061,520
21ヶ月 1,072,135
24ヶ月 1,082,856
27ヶ月 1,093,684
30ヶ月 1,104,621
33ヶ月 1,115,667
36ヶ月 1,126,824

3年間で12.68%になりました。

年4%での計算だと12.48%になります。

3年間で差は0.4%ですね。

これは人によっては大した差ではないように感じるでしょうし、また人によっては「すごい差だ!」と感じる人もいるでしょう。


インカムゲインを狙う人であれば長期投資が基本軸にあると思います。

であれば、同じような利回りでなら年2回よりは年4回の配当を狙った方が断然いお得でしょう。

毎月配当のPFFなんかはものすごくいい商品だと思っています。



1年間で4%より、3ヶ月で1%資産が増えると思えばもっと株がおもしろくなるのではないでしょうか?

考えてみてください。